• ホーム
  • エイズ以外にも性病はたくさんある!

エイズ以外にも性病はたくさんある!

2019年07月05日
落ち込んでいる男性

最近、性行為をきっかけに発症する性感染症の数が増加傾向にあり、保健当局でも問題視されるようになっています。性感染症とは性交渉をきっかけに発症する感染症のことをさしています。例えば20世紀に発見されて人類にとっては一番歴史が浅いにもかかわらず、最大のインパクトを持ってうけとめられている性病にエイズを指摘することが出来ます。エイズとはHIVウイルスに感染することをきっかけに、免疫細胞にまで感染して免疫システム自体を破綻させて、エイズの発症を招くという関係性になっています。先進国では治療薬の開発と治療法の普及が進み、直ちに生命の危機にかかわる病気ではなくなっていますが、アフリカ諸国では平均寿命を40~50歳程度まで引き下げる要因となっており依然脅威であることに変わりはありません。

エイズ以外にも性病は実に多くの種類があることが知られており、その症状もバラエティに富んでいるので一筋縄ではいきません。たとえば梅毒は感染後鼠蹊部やリンパ節の無痛性の腫れが出たりしますが、淋病では排尿時に男性患者では強い痛みを自覚することが典型的です。ところがクラミジアのようにほとんど自覚症状がないまま経過する性病もあります。エイズの元になるHIV感染症に至っては、微熱や筋肉痛に全身倦怠感など風邪とほとんど変わらない場合もあるほどです。

日本では戦前から4大性病が主要なものとして知られており、公衆衛生環境が整備されて一時期は激減していた時期もありましたが、最近では若年層を中心に梅毒や淋病などの新規患者の把握数の急増がトレンドとして定着しつつあります。性行為などの性生活が旺盛な年齢層と一致するのは一因ですが、性行為に対する意識の変化と多様性を垣間見ることもできるでしょう。潜在的にみれば相当数の性病患者が検査や治療もしないまま放置されて、病気がさらなる広がりを見せるという悪循環に陥っているとみることができそうです。性病に限らず病気では症状が深刻化する前に、早期発見早期治療が鉄則です。早期発見とは感染後症状が軽微なうちに病状を把握すると言う意味です。適切な検査のタイミングで早期発見することが叶えば、性病の種類にあった最適の治療をうけることが可能になり、時間も費用もさほど投入するまでもなく回復や治癒を期待できます。反対に病状が進行すると治療に時間がかかるばかりではなく、敗血症などで生命の危機に直面することもありえるのです。

関連記事
ジスマロックは抗生物質だからと言って梅毒は治せない 2020年02月06日

梅毒は昔から知られてきた性感染症のひとつであり、梅毒トレポネーマと呼ばれる細菌によって引き起こされる病気です。この細菌は細胞壁を持つため、ペニシリン系の抗生物質が高い治療効果を発揮します。そのため、治療にはペニシリンの注射または飲み薬が使用されます。ペニシリン系の抗生物質はアレルギーを引き起こしやす

2020年02月06日
不妊の原因にもなる性器クラミジア感染症 2019年12月31日

性器クラミジアは現在の日本において最も患者数の多い性感染症の一種です。患者数の多さは関係法規での報告対象に指定されていることからも明らかで、今後の患者数の増加傾向は継続すると評価することが出来そうです。最近の届け出内容を参照すると、特に女性患者の増加振りが深刻で、正常妊婦の3~5%程度にこの感染が確

2019年12月31日
尖圭コンジローマの症状と治療法とは 2019年08月29日

人間の身体には色々な原因でイボが発生しますが、男女の性器に発生するイボ状のデキモノが複数発生するものは、尖圭コンジローマという独立の病気として認識されています。尖圭コンジローマの発症原因はヒトパピローマウィルスによる感染です。ヒトパピローマウィルスには数十種類存在することが知られていますが、中でも6

2019年08月29日
エイズに感染したら、病院で検査を受けましょう! 2019年11月23日

エイズはHIVウイルスに感染することが原因となって発症する性感染症です。HIVウイルスは血液や体液などに濃厚に分布しているので、性行為を介して感染が広がるのが特徴です。ただし他の性病などと異なって唾液程度ではうつるリスクは非常に低いとされているので、直接的な性行為がトリガーになる点が特徴のひとつと言

2019年11月23日
温泉など性行為以外でうつることがあるの? 2019年08月26日

性病はその名前のとおり狭義の性行為を介在して感染を広げる病気です。感染した粘膜の接触を感染条件とすれば口唇性交などの性的接触行為があれば、どのような行為であろうとも感染するリスクを抱えているという特徴をもっていると言うことが出来るでしょう。つまり性病の語義にしてからも、感染経路では少なくとも性的接触

2019年08月26日
淋菌による感染症で起こる尿道炎と子宮頸管炎 2019年10月29日

淋病は淋菌を原因菌とする性感染症の一種で、古典的に4大性病の一種として知られていた病気です。現在でも世界的にみれば流行地域がありますが、日本では戦後の公衆衛生環境の充実と発展に伴い、患者数が激減していました。しかし最近では性行為の多様化によって患者数は増加傾向にあります。淋菌自体は二酸化炭素とある程

2019年10月29日
性行為により感染する性感染症(STD)って一体なに? 2019年09月30日

従来は性行為で感染が拡大するHIV感染症やそれに起因するエイズなどが性病の典型例として認識されてきました。しかし最近では従来の”性病”という概念では対象とする疾患が狭すぎるとの批判を意識してか、”性感染症(STD)”と言う概念で性的接触に起因する感染症を再定義する傾向が強まっています。なぜならクラミ

2019年09月30日
性器ヘルペスや口唇ヘルペスの治療はバルトレックスで! 2019年08月07日

口唇の周辺や性器などにいたみを伴う水疱が複数発生するのが、ヘルペスになります。原因はヘルペスウイルス(HPV)が感染することで発症しますが、発症部位の傾向によってHPV1型とHPV2型に分類されることになります。HPV1型は主に口腔内部や口唇周辺などの上半身に症状が発生し、水泡や潰瘍を複数発生させる

2019年08月07日
性病の治療薬は通販サイトで購入できます! 2019年07月19日

ただでさえ足を運ぶことに気が乗らないというのが病院やクリニックなどの医療機関です。性病の診療科目と言うことになると性病科か泌尿器科などということになりますが、病変部が性器や尿道や肛門なので、いくら専門家のドクターなどであっても目にさらすというのは心理的抵抗感が高いと言うのは理解できるところです。さら

2019年07月19日